入園について

2018年度(平成30年度)園児募集

定員
満3歳児
(2016年よりスタート)
★ 詳しくは「満3歳児わくわく組」を参照
若干名
3歳児 募集中
4歳児 若干名
5歳児

2018年度年少は若干名募集しています。

2019年度(平成31年度)園児募集

定員
満3歳児
(2016年よりスタート)
★ 詳しくは「満3歳児わくわく組」を参照
12名
3歳児 13名
4歳児 若干名
5歳児 若干名
  • 願書配布は10月15日(月)9:00〜11:00
  • 受付は11月1日(木)在園児に兄姉のいる幼児を優先し、その他の幼児を受け付けます。
    受付は9:00から来た順で受け付けます。定員からもれた場合は補欠として登録することが出来ます。
    抽選で洩れた方は、補欠として登録することが出来ます。
  • 満3歳児については、本人が満3歳の誕生日を迎えた時点で入園受付可能となります

入園の手続き

1.「入園願書」に、「入園検定料(3,000円)」を添えて提出してください。
2.入園が許可されましたら、「入園許可証」をお渡しします。
3.入園を許可された方は、「面接日(1月26日(金)予定)」の折に、「入園受入準備費(30,000円)」を納めてください。
※発達に心配のあるお子さんは、事前にご相談ください。

保護者負担(新制度による保育料となります。)

「保育料」以外の「入園料・維持費・教材費・燃料費」を納める必要がなくなり、その「保育料」も、従来のように一律ではなく、保護者の収入に応じて札幌市が決定する「利用者負担額(新しい名称)」だけを納めればよいことになりました。それは以下の通りです。
ただし、「個人の用品代・購読絵本代・行事参加費(バス遠足、お泊り会、観劇会など)・後援会費など」の実費微収はあります。

(平成29年4月1日以降適用)
入所児童の属する整体の階層区分 札幌市の利用者負担額(月額)
区分 定義 推定年収
1 生活保護法による被保険者世帯等 0円
2 市町村民税が非課税の世帯市町村民税の所得割が非課税の世帯 〜270万円 3,300円
(1,650円)
3 市町村民税所得割課税額77,100円以下※ 〜360万円 10,300円
(5,150円)
4 市町村民税所得割課税額211,200円以下※ 〜680万円 14,700円
(7,350円)
5 市町村民税所得割課税額211,201円以上※ 680万円〜 19,900円
(9,950円)
 
国基準の利用者負担額案 月額
0円
9,100円
(4,550円
16,100円
(8,050円)
20,500円
(10,250円)
25,700円
(12,850円)

(備考)

  • ① 推定年収は、夫婦(片働き)と子ども2人のモデル世帯の場合のおおまかな目安です。
  • ② 幼稚園年少から小学校3年までの範囲において、最年長の子どもから順に2人目は半額(カッコ内の金額)、3人目以降については無料となります。
  • ③ 階層区分は、4月〜8月は前年度分の市町村民税、9月〜翌年3月は当年度分の市町村民税により決定する予定です。
  • ※市町村民税所得割課税額を計算する場合、住宅借入金等特別税額控除、配当控除、寄付金額控除、外国税額控除、配当割額、株式等譲渡所得割額控除は適用されません。

わからないことがありましたら、お電話でご連絡ください。
ご希望でしたら、資料をお送りさせていただきます。
TEL011―561-5040
午後3時以降に、お願いいたします。


満3歳児クラス「わくわく組」

満3歳児クラス「わくわく組」スタート

平成28年度から、新制度の下で満3歳児からの入園募集を開始いたしました。
満3歳に達した日から「1号認定こども」として入園することになり、月々の保育料は、それぞれの家族の所得に応じて、札幌市が決定する額(その基準は下記のとおり)となります。入園料・施設設備維持費・教材費・暖房費等は一切納める必要がありません。

(平成27年4月1日以降適用)
児童の属する世帯の階層区分 保育料
区分 定義 推定年収 *1人目 *2人目 *3人目
1 生活保護世帯 0円 0円 0円
2 市民税非課税世帯 ~270万円 3,000円 1500円 0円
3 市民税77,100円以下 ~360万円 9,000円 4,500円 0円
4 市民税211,200円以下 ~680万円 14,700円 7,350円 0円
5 市民税211,200円以下 680万円〜 19,900円 9,950円 0円

(備考)

  • ① 4月から8月は、前年度分市民税額により、9月から翌3月は、当年度分市民税額によって決まります。
  • ② *印の「1人目」とは、最初の子のこと、「2人目、3人目」とは、小学校3年生以下の子から数えてのことです。
  • 次の年度には、改めて入園手続きなしで、3歳児クラス「つぼみ組」に進級することとなります。

入園手続き

1.「入園願書」を、「入園検定料(3,000円)」を添えて、提出してください。
2.入園が許可されましたら「入園許可証」をお渡しします。
3.入園を許可された方は「入園受入準備費30,000円」を納めてください。
※発達に心配のあるお子さんは、事前にご相談ください。

詳細や不明な点については、幼稚園に直接お問い合わせください。
連絡先:011-561-5040

教育時間

月・金 9:00~11:30
火・水・木 9:00~13:00

お弁当の開始時期等については、子どもの育ちを見極めながら進めていくようにします。


入園について、よくある質問

昼食は、お弁当ですか
はい。お弁当です。
faq_01幼稚園の子どもたちはお腹が空くまで、存分に遊び切ります。そしてお母さんの作ってくださるお弁当を美味しくいただきます。
この時期の子どもたちは体力にも食欲にも大きな個人差があります。ですから、お子さんに適した量のお弁当を持参して頂くことが良いと考えています。
大好きなお母さんが自分のために作ってくれたお弁当を食べることで、お母さんへの感謝の気持ちが生まれますし、愛情をたっぷりと実感することができるのです。
特別なものを持たせる必要はありません。普段、お家で食べているものをそのまま持たせてくだされば十分です。
バスはありますか
faq_02ありません。
徒歩や自転車での通園になります。冬はソリに乗せて通園される方もいます。
毎日の送り迎えは、楽なことではありません。けれども、道に咲く草花に目を向けたり、虫の不思議さを発見したり、風に気温を感じたりなど、季節の変化を親子で楽しめることは素晴らしいことです。そのような楽しみ方が親子でできるのもこの幼児期の数年です。大切にしたい時間だと考えています。
本園の保育に賛同し、遠方から車で通われている方もおります。ご相談ください。
制服はありますか。
faq_03ありません。
子どもたちは、毎日朝から思い切り身体を動かして遊びます。ですから、動きやすく汚れても構わない服装が好ましいと考えています。洋服が汚れると園に置いてある服に着替える子もいます。
登降園時のみ、制帽をかぶります。
まだおむつがとれていません。入園してから大丈夫でしょうか。
faq_04心配して、焦る必要はありません。
「とる」「とれない」と悩む必要はありません。必ずとれる時期はきます。幼稚園で思いっ切り遊んでいると、だんだんオムツの煩わしさを感じるようになります。子どもの心をみつめながらタイミングをみて、お母さんと教師が移行させていきましょう。
落ち着きがなく、座っていられません。心配です。
子どもはどんどん新しいことに目がいき、落ち着いて座ってはいないものです。
faq_05ですから普通の当たり前の姿です。
集団の中に入り、自分の「やりたい」が十分に保障され、満足したとき、自然と周りにも目がむいていきます。そうすると、友だちと一緒に座ったり話を聞くことが楽しいこととなっていきます。

ママの声

〜卒園文集より〜

comment1_01

comment1_02

comment1_03

〜運動会感想より〜

comment2_01

comment2_02

comment2_03

〜生活発表会感想より〜

comment3_01

comment3_02

comment3_03