くたびれるほどに遊ぶ(NO.2)

くたびれるほどに遊ぶ(NO.2)

幼稚園の玄関でお母さんに「バイバイ」して、不安そうにしていた子どもも、いつもの先生に、いつもの学級の様子に、記憶を巻き直して安心を取り戻し、夢中になって「春」を楽しむ姿が見られます。「よく遊んでいるなぁ」と感心させられま […]

続きを読む…

「個々の子どもたちの持ち味」が発揮されるように(NO.1) 幸せの塊りの中で(NO.12)

幸せの塊りの中で(NO.12)

今年度、最後の園便りとなりました。私の拙い便りを読んでいただき、時には感想もお聞かせいただき、ありがとうございました。最後の園便りに、「別れ」ということについて書きたいと思います。 毎日、幼稚園が終わって聞こえてくる言葉 […]

続きを読む…