学級の様子 ~ゆり組~

on 6月 30日, 2020

初めての年長誕生会        2020.6.19

 年長になって、初めての誕生会が行われました。たんぽぽ組の3月生まれだった子も含め、祝ってもらった幼児は7名でした。
学級の仲間だけの小さな誕生会でした。礼拝では、「自分にしてほしいことは、他の人にもそのようにしてあげなさい」(ルカ6:31)の聖書の箇所について考えあいました。
「自分にしてほしいこと・・・」
「優しくしてほしい、大切にしてほしい、愛してほしい、友だちがいてほしい、幼稚園があってほしい、幼稚園でお弁当がたべたい、いっぱい遊びたい、仲間が欲しい、一緒にあそんでほしい、楽しくしてほしい、助け合ってほしい、大事にしてほしい、甘えてほしい、生きてほしい、平和でいてほしい・・・・・・」と、一人ひとりが自分のしてほしいことを言い合いました。ほとんどの子が、自分の心からの言葉でした。
同じことを他の人に、してあげられる私になりたい。なれたならすばらしい!
と投げかけられ、一つひとつ、自分のできることを考えているようでした。真剣な子どもたちの瞳がありました。
私たちの幼稚園が、本当に戻ってきたと、うれしく感じました。

 私たちは、この幼稚園にいる意味を噛みしめ、ここで偶然出会った仲間に感謝し、様々な違いを乗り越え、互いを受け入れ合うことによって、愛を証しすることを味わいたいものです。一人ひとりがみんな違うということに、大きな意味があります。自分の喜びを、自分が感じる感謝な心を、他の人にしてあげられることで、また、自分の存在意義を実感できるのだろうとも感じます。

                        
        菅野